上級品の畳表

経糸(たていと)が麻や綿糸で織られている畳表。

い草の量や質により価格は様々ではあるが、質が良ければ、耐久性もよく、仕上がりが落ち着いた感じになります。

本場の広島(備後)産最近生産量のある熊本産です。

価格だけでは判断が難しいので、見本をご用意しています。実際に手に取ってみればわかります。

なお、い草は農産品です。毎年、品質が変わります。そのため、常に同じ品質の畳表が入荷されるわけではありません。

表替の価格表はこちら

普及品畳表

経糸(たていと)が綿糸で織られている畳表。

い草を多く織り込めないため、目詰まり感がなく、耐久性も低い。

普及品以下に使っています。

主に賃貸住宅に使用しています。

中国産です。

縁なし畳に使う目積表

縁なし畳には目積表という畳表を使います。

通常目にしている畳表とは違い、織り目が細かくなっています。

縁のつくところを折らなくて(曲げなくて)はならないので、できるだけ織り目を細かくしています。

通常の畳表の場合だと文字通り「ポキッ」と折れてしまうからです。

縁なし畳は、従来「琉球表」が使われていましたが、最近では、「目積表」が主流です。

工事価格も従来から認識されている琉球畳よりお手頃です。

価格は、13,000円(税抜き・新畳)からです。表替は、10,000円(税抜き)です。

い草の縁なし畳はこちら

施工事例はこちら

大建工業(株)製の畳表の和紙表

P5200077.JPG

 

住宅建材メーカー大建工業(株)製の和紙の畳表。

和紙をこより状に織り込んだ畳表。

色落ちが少なく、お手入れが簡単で、1枚からの張替もOK。

飲食店やホテルなどの大広間に適しています。

価格は、13,000円(税抜き)です。

和紙の畳・縁なし畳はこちら

施工事例はこちら

市松表

DSCN0047.JPG

 

縁周辺で市松模様となり、普段目にしている畳の感じにならず、少し違った雰囲気になります。

注文品のため、2〜4日時間をいただきます。

価格は、12,000円(税抜き)です。

模様がついた畳表

P5200075.JPG

 

白秋(はくしゅう)という畳表。

前述の市松表と違い、畳全体がこの模様になります。

注文品のため、これも2〜4日時間をいただきます。

価格は、12,000円(税抜き)です。

▲このページのトップに戻る