ふすまを張り替えよう

P6100086.JPGふすまを張り替えてみました。

右側が張り替える前で、左側が張り替えた後です。

かなりすすけていますので、その差がはっきりしています。

畳と一緒に張り替えますと、和室が明るくなり、ちょっとした模様替えになるではないでしょうか

また、大手マンション販売会社から購入した場合、襖は「段ボール製」が多いので、両面に同じような襖紙を張らなければならないことを、ご理解・ご承知ください。

襖や障子の張り替えだけのお客様も大歓迎いたします。ご連絡ください。 

ふすま・障子の工期はこちら

お問い合わせはこちら

お見積りはこちら

破れにくい障子紙ニュータフトップ

PA040130.JPG破れにくい障子紙「ニュータフトップ」という障子紙があります。

これは、障子紙の中にナイロンが織り込まれているため、破れにくくなっているそうです。

見本を用意しましたので、一度触ってみてはいかがでしょうか。

私も試してみたのですが、なかなか破れませんでした。

本気だと紙が破れる前に枠まで壊れてしまうかもしれませんが・・・(笑)。

価格は、1面(90p×180p)で5,000円

お客様の声はこちら

ふすまの種類と価格

P5110058.JPG

ふすま張替の見積は、畳同様無料です。

ふすまの張替は、ふすまの状態・枚数、天候状況により異なりますが、1〜3日かかる場合があります。

価格は、1面(90p×180p)で、

新鳥の子(ごりん)4,500円、シックハウス対応(吉兆)5,500円です。

ふすまの新調についてもご相談ください。(最低1週間かかります)

障子の張り替えの価格

P5110057.JPG障子を張り替えます。畳同様、無料で見積もりいたします。

障子の状態や枚数・天候等の事由により、1〜3日お預かりする場合があります。

障子の大きさにより、価格は異なります。

破れにくいタフ・トップという障子紙もあります。

通常(180cm×90cm)1面・・・・・3,000円  タフトップは1面・・・・5,000円

PA040129.JPG通常の障子より大きな障子(丈180cm以上または巾90cm以上135cm未満)は、4,000円とします。見てわかるように右側の障子がかなり大きくなっています。もちろん小さい障子も大きさに応じて変わります。

また、障子の新調については、ご相談に応じます。(最低1週間かかります。)

お問い合わせはこちら

お見積りはこちら

源氏襖(中抜き襖)とは

PA110054.JPG

ふすまには、源氏襖と呼ばれるものがあります。

通常のふすまは、閉め切ると光が当たりません。しかし、源氏襖は一部分が抜けていますから採光を目的に室境、廊下境にたてられるが、その形式の複雑さが部屋の飾りとされています。

襖のいろいろ(引手・段ボール製)

PC060030.JPG襖の引手にはいろいろあります。大体の住宅では、金属製の引手になっていると思います。ふすまの張替と同時に引手も交換すると、よりきれいに仕上がります。

写真は少し破れていて、中身が少し見えています。段ボール製の襖です。最近のマンションに多くみられます。このようなふすまには、桑の木で出来ている引手がついていることがあります。

この場合、引手はボンド等で接着されているケースが多く見受けられます。そのためこの引手を壊さないと取れません。このときは、別途料金をいただきます。同時に段ボール製の襖は、基本的には「使い捨て」のものです。新規交換を提案します。ふすまの裏側をご覧になれば、裏側も同じ襖紙が貼ってあるのが、段ボール製の襖です。

また公団等の住宅では、プラスティック製の引手がついていることがあります。この時も同様破損してしまいます。別途料金をいただきます。 

お問い合わせはこちら

敷居の傷みを軽減するには


襖や障子の滑りが悪く、開け閉めがやりにくいときは、敷居スベリを貼るように勧めています。開け閉めが楽になります。

敷居スベリを貼りますと、敷居はもちろん襖や障子の傷みも軽減されます。

▲このページのトップに戻る