襖のいろいろ(引手・段ボール製)

PC060030.JPG襖の引手にはいろいろあります。大体の住宅では、金属製の引手になっていると思います。ふすまの張替と同時に引手も交換すると、よりきれいに仕上がります。

写真は少し破れていて、中身が少し見えています。段ボール製の襖です。最近のマンションに多くみられます。このようなふすまには、桑の木で出来ている引手がついていることがあります。

この場合、引手はボンド等で接着されているケースが多く見受けられます。そのためこの引手を壊さないと取れません。このときは、別途料金をいただきます。同時に段ボール製の襖は、基本的には「使い捨て」のものです。新規交換を提案します。ふすまの裏側をご覧になれば、裏側も同じ襖紙が貼ってあるのが、段ボール製の襖です。

また公団等の住宅では、プラスティック製の引手がついていることがあります。この時も同様破損してしまいます。別途料金をいただきます。 

お問い合わせはこちら

▲このページのトップに戻る