癒しの空間の畳の機能・効果

1空気浄化

 大気汚染の原因となる二酸化窒素やシックハウスの原因とされるホルムアルデヒド等を吸着する機能を持っています。

2保温・断熱性

 い草の断面は、スポンジのようになっており、その中に空気がたくさん含まれています。日本の自然環境の中で、夏は涼しく、冬は暖かく保ってくれます。ジュータンに比べ熱伝導が悪いため節電にも役立ちます

3湿度調整

 畳1枚に約500ccの水分を吸収することができ、乾燥してくると放湿してくれます。6畳間だと約3リットルの吸湿効果があります。

4弾力性

 畳は弾力性に優れ、発育期の子供のバランス感覚を養うのに効果的です。また適度な弾力性があるため、転んだときはフローリングよりも衝撃が少なく安心です。

5芳香性

 畳表の匂いは、い草本来が持っている「干し草の香り」に泥染め時に使う「染土」がブレンドされています。フィトンチッドが含まれており、「癒し効果」が森林浴同様あるといわれています。

6吸音性

 床表面に柔らかい素材を使うほど衝撃音が吸収され、床に畳を敷くことで音が軽減されます。

7多機能性

 敷物として、耐久性・難燃性に優れ、ベッドと比較しても背骨に与える影響が少ないなど健康面からも畳は見直されています。

▲このページのトップに戻る