大建工業(株)の和紙畳表で縁なし畳 灰桜色(令和2年)

DSCN0159.JPG

町田市のUさま。

畳屋さんの新聞広告やチラシがある中で、「町田市の資源ごみカレンダー」に記載されていた

二階堂畳店さんのHPを見てみると、大変見やすく、わかりやすかったので、頼むことにしました。

娘が里帰り出産で、帰ってくるので、畳の張替えも最近していないし、ふすまのかなり汚れていたので、一緒にしてもらうことにしました。

和紙の縁なし畳を当初から考えていて、色をどのようなものにするか悩んでいました。

色の見本帳やカメラのデータを見ました。

「最近は、灰桜色が多くでています。」との返事があり、もう一度データを見て灰桜色に決めました。

2階の主人の部屋は、縁付きの灰桜色で張り替えました。

襖も張り替えましたので、とてもきれいになって、思い切って畳工事をお任せしてよかったと思いました。

大建工業(株)の和紙縁なし畳

DSCN0158.JPG

大建工業(株)の和紙畳表で縁なし畳。

20種類近くある色合いの中から、墨染色の畳です。

なじみの薄い色であれが、敷きこんでみると意外に「シックで渋い。」と思いました。

大建工業(株)の和紙畳表 墨染色(令和2年)

DSCN0158.JPG

大和市のF様。

マンションを購入したところ、縁なしの畳が入っていました。

しかし、1畳物の畳だったため、普通の縁あり畳と同じ雰囲気だったため、

知り合いの二階堂畳店さんに相談しました。

「せっかく新しくお住まいのなるのであれば、テレビコマーシャルでよく見かける

半畳ものにすれば、互い違いに畳を敷きますから、市松模様に見えて、きれいです。」

と説明を受け、この写真のように半畳ものにしました。

色合いは、見本が20種類くらいの中から、墨染色に決めました。

「真っ黒ではないものの、イメージ通りになりました。」

お友達に写真を見てもらうと、皆一様に「格好いい」と評判でした。

▲このページのトップに戻る