お客様の声(平成25年)

主人が寝ていると、ダニに刺されてしまい、畳替を考えていました。街中を歩いていると、二階堂畳店さんの車を見かけました。電話番号を控え電話をしました。すぐに来てくれて、寸法を取り入れ替えてくれました。ボードの畳ですが、少しボードが硬いということでしたので、クッション材を入れて、触った感じが柔らかい感じがします。(町田市・M様)

知り合いから紹介され、二階堂畳店さんに電話しました。50年以上住んでおり、何回か張替えをしました。まだ畳が大丈夫かと心配していましたが、畳の表替えができてよかったです。12畳の張替えとあってか朝8時に来て夕方4時ころ納品してくれました。 (調布市・K様)

畳に座ったり寝転がったりしています。腰やお尻に少し違和感があり、二階堂畳店さんに電話してみました。電話で親切に説明をし、見積もりに来てもらいました。畳を見てみるとボードの畳でした。まだ新しい畳でしたので、取り替えるのはもったいないということでした。そこで、畳表と床の間にいれるクッション材があることを知りました。それを入れてもらい納品してみたら、クッションが効いていて違和感がなくなりました。(横浜市・H様)

友人から紹介され二階堂畳店さんに電話をしました。畳の部屋にたくさん家具がありましたが、快く引き受けてもらいました。家具を動かすのに少し時間がかかりましたが、搬出・納品しました。(町田市・A様)

町田市のごみ収集カレンダーを見て二階堂畳店さんに電話をしました。この部屋はもうあまり使わないので、畳は天然のい草でしたが、和紙表の特徴である日に焼けにくい、お手入れが簡単ということもありダイケン製の和紙の畳表にしました。色は新畳の「銀白色」にしました。ふすまも日に焼けていて、畳と同時に張り替えました。全部きれいになり見違える部屋になりました。(町田市・T様)

母に紹介してもらい二階堂畳店さんに土曜日に電話をしました。日曜日の午後は出かけると伝えたところ、すぐに見積もりに来てもらい、畳の表替えをしました。翌日曜日の午前中に畳の工事を終わらせてくれました。(町田市・U様)

 →施工事例はこちら

畳を新しくする

P7120086.JPG畳を交換したり新たにするときに、畳を新規製作いたします。

お部屋の寸法を測り、畳を製作いたしますので、2〜3日で納入いたします。

価格は、畳床の材料によりますが、表替えの料金に6,000円以上の上乗せ価格をいただきます。

畳そのものの芯材や状態にもよりますが、20年くらいの使用で交換するのが目安です。

 

 

 

 

 

PB060055.JPG

ボート材の畳で新畳にする場合は、クッション材を入れることをお勧めしています。

ボード畳はわら畳より少し硬い感じがします。腰を掛けたり寝転んでみると、「硬いなあー」という感覚になります。

このクッション材を畳床と畳表の間に入れることにより、畳のあたりが柔らかい感じになります。

クッション材は、新畳の価格に1,000円上乗せします。

写真のように薄い畳や、和紙の畳表(特に和紙の縁なしカラー畳)の場合は、い草の畳表に比べると直に硬い感覚が伝わります。したがいましてクッション材を入れることをお勧めいたします。

 

 

 

 

 



▲このページのトップに戻る