畳店選びのポイント

お客様が、「どこの畳屋さんにお願いしようか?」と大変迷われるのではないでしょうか。

次の項目を参考にして、選んでみてください。

 

信用できる畳屋さんですか?

「どこの畳屋さんがいいのか?」、「お店はどこにあるのか?」など、畳屋さんを選ぶのに大変苦労されるのではないでしょうか。

まず、ご近所に畳屋さんがある場合、そこの畳屋さんを訪ねてみましょう。その畳屋さんに会って、話をしてみるといいと思います。畳屋さんは、お客様と長いお付き合いをしたいと思うはずですから、その場限りのいい加減な返答や仕事はしないはずです。それは、悪い評判が流れることを一番嫌うからです。ご近所の評判を聞いてみるのもいいでしょう。

ご近所に畳屋さんがない場合、お友達に知っている畳屋さんを紹介してもらうのもいいでしょう。

畳に詳しい人はいますか?

畳工事を請け負うリフォーム業者さんが、多く見受けられることがあります。多くの場合、畳工事は下請け工事になってしまい、電話受付のみの対応で、畳について詳しい知識を持っている人はいないと思います。

直接畳屋さんにお願いすれば、畳についての相談もでき、お客様のニーズに適した提案ができるでしょう。

そのような畳屋さんに畳工事を任せて、永くお付き合いができるようになれば、お客様にとって一番良いことだと思います。

安くていい畳表はあるのでしょうか?

某大手小売業者や某大手牛丼チェーンのように「安い・いいもの」という広告があります。

畳というのは、畳工事の時だけのものではなく、永い間お客様の肌に触れるものです。したがって、ただ「安い」というだけで、畳表を選ばないのが得策です。

例えば6畳のお部屋で1畳あたり1万円の畳表に張り替えても、そのままお使いになっても10年は使えます。1ヶ月あたり500円、1日あたり20円弱の価格になります。畳工事の価格は、施工の際は高く感じてしまうものですが、良い畳表(畳表が長く、肉厚なもの)であれば、永い間お使いになれますので決して高い買い物ではありません。

本当に安い畳の張替工事でしょうか?

最近、新聞の折り込み広告や電話勧誘による売込みが多くあります。それはお客様の気を引くために、表示価格の半額近くであったりします。お客様にとってリーズナブルな価格で惹きつけようとします。そのような業者さんは、広告(電話)担当・見積担当・工事担当・運搬敷き込み担当というような完全分業制をとっています。それぞれの部門で少なからずとも利益を出すようにしますので、結局高い買い物(雑な作業になっていることがよくあります)になってしまうのでしょうか。

畳表の品質・畳張替工事の価格は各畳屋さんで違います

一概に価格だけで畳屋さんを選ぶのはやめましょう。畳表は、家庭電化製品や自動車などのように、決まった価格はありません。畳表は皆さんが口にする食べ物と同じで、自然の中で育成した「農産物」なのです。だから、産地や生産した年の気候環境により原材料となるい草の状態が異なります。したがって、それぞれの畳屋さんで畳表の品質と価格が違ってくるのです。

上級品は、い草の品質(い草の厚みや長さ)がよいので、畳屋さんは自信を持って、皆さまにお勧めします。低価格では提供できません。

良心的な畳屋さんは、畳表の見本をお見せし、触ってもらって、お客様に説明するはずです。お客様は、価格だけで比較するのではなく、見本を見て触って納得して、畳表・畳屋さんを選んでください。

お客様の声はこちら

お問い合わせはこちら

お見積り依頼はこちら

畳屋さんの選びのポイント

 

信用できる畳屋さんですか?

畳に詳しい人はいますか?

安くていい畳表はあるのでしょうか?

本当に安い畳張替工事でしょうか?

畳表の品質・価格は各畳屋さんで違います

詳しくはこちら

 

 

 

 

 

 

 

畳表の種類とその違い

畳表を選ぶポイントは、まず産地の違いが挙げられます。国内産と中国産です。次に、天然い草と化学表があります。

国内産

全国十数か所(現在では熊本産がほとんど)で生産されています。中国産に比べ自然な色合いでい草にねばりがあり耐久性があります。価格は中国産より高めです。天日乾燥ですので、中国産よりもい草に水分が残るため、丈夫です。

中国産

国内消費量のほとんどを占めています。価格は、国産に比べると安く設定されていますが、品質はそれほどいいものではありません。賃貸物件に多く使われているのが実情です。国内産よりも早く刈り取るため、耐久性が低く、自然の風合いにかけてしまっています。また、暖房機によって乾燥させるため、い草に水分が残りにくいためすぐに悪くなる可能性があります。

化学表

天然のい草を使用しておらず、和紙やポリプロピレンを原料とし、こより状にしたものを畳表風に織った工業製品です。い草に比べると、耐久性に優れ、色落ちはほとんどありません。1枚だけの交換も可能です。工業製品であるため、常に安定した品質と価格が実現できますが、価格はい草の畳表より高くなります。

畳表の種類はこちら

▲このページのトップに戻る