畳の正しい使い方とアドバイス

1 畳の目に沿って、掃除機でまめに掃除してください。

2 畳は呼吸しています。畳の上にじゅうたんやカーペットの重ね敷きをしないでください。ダニの発生の元です。また、家具類を畳の上にびっしり敷き詰めると、風の通りが悪くなり畳が呼吸できなくなります。少し壁から家具を放しておくと風の通りがよくなります。

3 2〜3日晴天が続いた時、窓を開放し室内に風を入れてください。

4 水分を含んだもので畳の拭き掃除をすると湿気てしまいカビが発生しやすくなります。また、加湿器の過剰な使用も畳を湿らせてしまいます。

5 室内で犬・猫等のペットを飼われますと、畳が傷みやすくなると同時にダニも発生しやすくなります。

6 食べこぼしをそのまま放置しないでください。

7 ピアノや机等足のある重いものを畳の上に直に置くと、畳表も畳床も傷みます。処理を施してから置くとよいでしょう。

8 除湿機やクーラーのドライで除湿すると室内の湿度が適度に保たれ、カビやダニの問題が解消されます。

畳・襖等工事のご案内

 

畳表替え
 
畳裏返し
 
新畳(畳新調)
         
P4200035.JPG   P5050049.JPG   P5200070.JPG

表替えとは、現在使用している畳表をはがし、新しい畳表に張り替えることです。
→ 詳細はこちら

 

裏返しとは、現在使用している畳表をはがし、そのまま裏返しにして使用することです。
→ 詳細はこちら

 

新畳は、新しく畳を作製することにより畳をすべて入れ替えたりすることです。
→ 詳細はこちら

襖(ふすま)張替え
 
障子張替え
  縁なし畳(琉球畳) 

         
P5110058.JPG   P5110057.JPG    IMG_0008.JPG

古くなり日焼けなどした襖を、新しいふすま紙に張り替えることです。
→ 詳細はこちら

 

破れたりはがれたりした障子を、新しい障子紙に張り替えることです。
→ 詳細はこちら

 
 縁がなくなることから、部屋が広く感じられ、高級感が漂います。和紙畳がおススメです。
詳細はこちら

賃貸住宅をお持ちの大家さん、賃貸住宅を管理されている不動産屋さん・管理会社の方、賃貸住宅を工事されているリフォーム会社の方は、お気軽にご相談ください。

 

▲このページのトップに戻る